専業主婦キャッシングなら三菱UFJ銀行

総量規制と専業主婦キャッシングの関係について

総量規制とはどのような法律か

総量規制とは年収の3分の1を超えた貸付を行ってはならないという内容の法律です。これは貸金業者のキャッシングに対してのみ科せられています。たとえば300万円の年収の人であれば100万円までは消費者金融などの貸金業者からキャッシングできますが、それ以上は法律で制限されているということになります。ただしこれは貸金業者側が守るべき法律ですので、総量規制の範囲を超えているにもかかわらず申し込むのは自由です。それに応じた貸金業者側が、行政処分や刑事罰を受けることになります。健全な経営を目指している正規業者であれば、その法律は厳守します。この総量規制はそもそも収入がなければ、その範囲も存在しません。無職だと、利用すらできないことになります。主婦キャッシングというと、専業主婦をイメージしますが、専業主婦は本人自体は無収入です。その面から貸金業者での単独でのキャッシング契約は不可能になります。ただし家計を支えている人の同意があれば、その範囲で借り入れも可能です。専業主婦が無収入でも夫に年間600万円の収入があるならば、夫がすでに行っているキャッシングを合わせて200万円までは法律上借入可能ということになります。

総量規制と専業主婦キャッシング

このように専業主婦だと、総量規制によって単独で利用できる貸金業者の主婦キャッシングはありません。生計を共にし、家計を支えている人、多くが夫になりますが、その人の同意があればその範囲で借入可能です。ただしこの場合には借主があくまでも主婦本人になりますので、なにかのアクシデントがあった時に、夫側に支払いの義務はありません。それでは貸金業者側も困りますので、専業主婦の場合には同意とともに夫に連帯保証人となってもらうことが多く見られます。そうすると、なにか債務事故が起こった時でも夫に支払い義務が生じます。これによって回収リスクを軽減させます。とはいえそこまでするのであれば、専業主婦が借主になる必要があるのかという問題が生じます。また保証債務については、実際に支払い義務が異動するまでは、個人情報に掲載されません。そこが向け道になってしまいますので、初めから専業主婦からの申込は受け付けないといった姿勢の貸金業者がほとんどです。もし年間10万円でも20万円でも収入があれば、総量規制の範囲が存在しています。パートでもアルバイト、内職でも構いません。就業形態に関わりなく、なにかしらの収入があればよいのです。

専業主婦キャッシングが可能な金融機関は

専業主婦は貸金業者との単独のキャッシング契約が難しい立場ですが、貸金業者ではない金融業者からの借り入れについては、全く問題がありません。銀行などが総量規制にとらわれない金融業者です。そのため専業主婦キャッシングも申し込めることが明記されている銀行もあります。銀行の主婦キャッシングについての契約は、総量規制の法律ができてから積極的になりました。これを機会に口座を開設したり、金利の優遇特典のために公共料金の引き落とし口座に指定するなど、銀行側としても専業主婦との契約はメリットが期待できるのです。また専業主婦であっても夫の給与振り込みが同行であるなどすれば、その経済状態などもしっかりと把握できます。近頃では無担保保証人不要の個人向け融資のノウハウを持つ大手消費者金融が保証会社となっていることも多く見られます。今でこそ貸金業者は法律によって専業主婦に貸付できなくなっているのですが、専業主婦への貸付のノウハウはもともと持っているわけです。主にメインで審査を行うのは保証会社です。その提携によって安全性の高い貸し付けが、銀行としても可能になっています。積極的に契約できる背景がそこにあります。

専業主婦キャッシングの傾向とは

単独で契約可能な銀行の主婦キャッシングですが、審査については夫の収入などが大きく関わってきます。もちろん借主は本人ですから、夫には支払い義務はありません。しかし主婦は無収入なのですから、夫の収入が支払いの原資となっています。それを参考にして、貸付限度枠を審査します。初めから専業主婦は「10万円まで」「30万円まで」といった形で、金額の上限を設けている商品も見られます。それだけ小口になる可能性が高いと言えるでしょう。もし夫の収入が高く、大きく借りたい希望があれば、そういった専業主婦に対しての金額の制限が作られていない金融業者の主婦キャッシングを検討すると良いでしょう。金融業者の側は、結婚によって名字が変わることで、専業主婦について以前の債務事故などを確認することができないケースもあります。限りなく怪しいと感じていても確固たる確信がない限り、専業主婦については申し込み書に記載されている夫の情報を参考にして審査を行っている傾向にあります。もちろん夫の同意がないままに、夫の信用情報機関の情報を取り寄せることはできませんので、あくまでも参考程度です。そのため思わぬところで回収リスクを負っている可能性がありますので、主婦キャッシングはどうしても貸付限度枠は小さくなりがちです。